エンジョイフラ☆

フラ体操で腰痛改善【フラダンス骨盤体操】キャロル・ハルヨさん

先日偶然つけたテレビ(ソレダメ)で、フラダンス特集をやっていたので見入ってしまいました。ハワイのフラ大会で4年連続優勝されたことがあるキャロル・ハルヨさんという方が考案された体操のようでした。普段なら、話半分であまり真剣に見ないのですが、今回は見てしまいました。

 

と、いうのも・・・私は、フラを始める前は「かなりの腰痛持ち」でした。しかも、妊娠中に腰痛は悪化。

でも、このヒドイ腰痛から救ってくれたのが何とフラダンスでした。すぐには改善しませんでしたが、「あれ?腰が調子いいかもしれない・・・」と感じられるのにはあまり時間がかかりませんでした。3年ほどで本当に改善してしまいました。

 

フラっていうと、腰をすごく動かしている・腰に悪そうに見えてしまって、腰痛持ちの私はとてもじゃないけれど敬遠しておりました。ところが、とある方に、「軽くでいいからフラを始めてたら?」と言われ素直に始めてみる事にしたのです。

 

そしたら、今では全く痛みはありません。しゃがみこんで長時間作業?!でもしたら一時的には腰も痛くなるでしょうが、普通に生活していて痛みを感じる事は本当になくなっちゃいました。ずっと悩まされていたのにウソのようですよ。

 

このハルヨさんという方のフラ体操のやり方

フラ(ダンスをするとき)の「基本の立ち方の説明」と、その姿勢をキープしたままする「フラの動き」を取り入れたもののようです。

基本姿勢

腰痛になる原因の一つは姿勢の悪さです。

フラ体操の基本姿勢を意識することが腰痛の改善に。

①真っ直ぐに立ちます。

②耳・肩・背中を一直線になるよう意識します。

その際、お腹を引っ込めて胸を開くようにして立つと良いようです。

テレビで教えてくれていたのと同じ、基本姿勢の説明がyoutubeにありました!(^^)!

 

この説明にはとても私自身納得できるものがありました。

 

実際にフラを踊るときも、この立ち方をします。フラのこのきれいな基本姿勢をキープするだけで、腹筋と背筋のバランスが良くなります。結果、正しい姿勢が自分で作れるようになり腰痛が改善されるのだと思います。

 

骨盤が歪んでいるかを知る方法

自分が真っ直ぐ立てているか、骨盤が歪んでいるかを判断できる体操もやっていました。

上のフラの姿勢のまま、まっすぐしゃがんでみます。

ぐらぐらするようなら、骨盤がゆがんでいるとか。すっとスムーズにしゃがめている場合は大丈夫♪

 

骨盤のゆがみを直すフラ体操

フラダンスの動きを使った骨盤体操です。

骨盤の右と左を交互に上げ下げします。
以下の動画で、基本のストレッチとして紹介されています。(該当のところから再生できます)

ポイントは上げる方の骨盤側のひざも一緒に動かすこと。上げる方の骨盤の膝を軽く伸ばすような感じです。

膝をぴんと伸ばして立つのではなく、少しゆるめた状態でやるとやりやすいかと思います♪。

 

この骨盤上げ体操、やってみるとやりにくい方とやり易い方があると思うのですが、(・・・ない?)左右均等に出来るように気を付けているとだんだん出来るようになってくると思います。

 

隙間時間にいかがですか?一日3分でもやれは改善されるそうですよ!

 

 

(注)関節や骨に病気があったり、他の病気が原因である場合はこの話の限りではありません。絶対にご無理はなさらないで下さいね・・・

 

 

DVDも出ているようです。アマゾンさんでありました。you tubeもかなり参考になりましたが、さらに・・・という方におすすめです。

フラ~骨盤ストレッチ~ キャロル・ハルヨ ボディベース・メソッド [DVD]

2,646円

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です