エンジョイフラ☆

ヒロオネ(Hilo one)歌詞・和訳

ヒロオネは、カラカウア王の宮廷お抱えダンサーであった美しいエマリア・カイフムアのために作られたラブソング。作者不明。

 

ハワイ語の歌詞

①Aia i Hilo One

Ka ʻeha a ka manaʻo

ʻO sweet ʻEmalia

ʻO koʻu aloha ia

 

➁Nānā ke kolohe

Kiʻina i ka liko

ʻIʻiwi pōlena

ʻO ka manu o ka uka

 

③Kohu ʻole ʻo iala

I ka ʻī ʻana mai

Eia me aʻu

Ka iwi aʻo Heneri

 

④Haʻina ka puana

Aia i Hilo One

ʻO sweet ʻEmalia

ʻO koʻu aloha ia

日本語訳

①そこはヒロの浜辺 切ない思い出
愛しいエマリア(エミリー)よ 最愛の人

 

➁いたずらな魅力が若い男たちを魅了させる。
黄色いイービー鳥 山の上の鳥

 

③誰も彼女の じゃれつき・戯れにかなわない
(イービー鳥に例えられる)ヘンリーは、一緒にここにいます。

 

④もう一度伝えます ヒロの浜辺に
愛しいエマリア 最愛の人

 

解説

舞台はハワイ島にあるHilo「ヒロ」。(ヒロと言えばマスタークムフラの「ジョージ・ナオペ」が活躍していることで有名な場所でもあります)

one「オネ」 とは砂浜、砂の意味。

 

歌に出てくる鳥Iʻiwi (イービー)は、ヒロにいる小さなかわいい鳥のことです。ヘンリーの事を指しているとされています。

 

歌の舞台は、ハワイ島ヒロという町の南部。そこには、カラカウア王の専属のダンサーにも選ばれるほどのダンスの名手であり、それはそれは美しい女性がいたそうです。その女性の名前がエマリア。そしてそのエマリアさんに恋をした男性がヘンリー。

※エマリアは、英語名はエミリー。

 

【参考サイト・英訳】http://www.huapala.org/Hi/Hilo_One.html

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です