エンジョイフラ☆

メレカヘアMele Kahea「OLI KUNIHI」とは

「メレカヘア」とは、生徒達がお教室への入場・入室前やステージに上がる前に唱えて、先生に入室・入場の許可を求める詞(うた)です。先生は、このメレカヘアに答え「メレコモ」という入室の許可のメレ(オリ)を唱えます。

入室の許可を得る際に詠唱されるメレカヘアがメレ(オリ)としてとっても有名な「Kunihi」です。

※カヘアとは、掛け声の意味です。

※メレとオリの違い メレ(うた・詩)はアウアナで用いられ、オリ(チャント・詠唱)は、カヒコで用いられます。

Kunihiの歌詞

Kunihi ka mauna i ka la’i e,   (静けさの中にある険しい山)

O Wai- le-ale la i  Wai-lua, (ワイアレアレ山がワイルアから見える)

Huki a’e la i  ka  lani  (天に向かって引かれるように高くそびえたつ山)

Ka papa au-ai o ka Wai-kini;(対岸カヴァイキニに向かってかかる橋)

Alai ia a’e la e Nou-nou, (その光景はノウノウの丘に遮られている)

Nalo ka Ipu ha’a,     (イプハアの丘は隠れている)

Ka laula mauka o Kapa’a, e! (カパアの上部に広がる広大な平野も)

Mai pa’a i ka leo! (どうか返事を拒まないで)

He ole ka hea mei, e! (何の返事も聞こえない)

 

Kunihiの歌詞に込められた神話

火の神ペレがカウアイ島にいるロヒアウ王子に恋をし、一番下の妹のヒイアカにロヒアウ王子を連れてくるように頼みます。ヒイアカがカウアイ島に到着し、ロヒアウを迎えに行くために、ワイルアにある川を渡ろうとしたとき、川にかかっているはずの橋(板)がなくなってしまっていました。

ワイルアと言う同じ名前の魔女が取り外してしまっていたのです。(一説には、大きないじわるなトカゲがいて、かかる橋を壊していたとも言われています)

そこで、ヒイアカが詠ったのがこの「Kunihi」。

結局ワイルアからの返事はなく、橋はかけられませんでした。それでもヒイアカは、あきらめず川に飛び石を置いて渡ったそうで、今も石は残っているそうです。

Kunihiがなぜ許可のメレなの?

返答がない静けさの中でも、ヒイアカは一生懸命姉ペレの言いつけを守ろうと、あきらめずに川に石を置いて渡り切りました。

このクニヒの神話には、フラを学ぶためには時には多くの妨げがあっても、ヒイアカの信念のように、決してあきらめずに努力を続けていきなさいというメッセージが込められているのだと思います。

それだけの信念を持って一生懸命フラを学びたいです、という意思表示のうたなのでしょう。

 

Kunihiの動画

抑揚は、ハラウによって多少違うかもしれませんが参考動画です(*^_^*)

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です